FC2ブログ

2020-01-13(Mon)

海のある風景

写真データーが必要ですか//
私は基本的にマニュアル測光で対応しています、露出の設定はその時々
の気象条件で設定がことなります、当たり前ですが絞り優先マニュアルで
露出は対象物「主題、主役」そして色の反射率などにより露出の補正が必
要になりカメラ内蔵露出計の0点から、どれくらい補正したかデーターを見て
も図りづらいとおもいます、わかる人にはわかります写真家の人はわかって
当然ですが、
それにましてやカメラ内微調整ホワイトバランスにしても座標軸微調整マゼ
ンタ、アンバー、アクチィブDライティングをどれくらい調整したか、ましてや
風景写真、その他も有りますが、、様々な光がは入り乱れ露出の決定は難
かしい時がありそんな時はRAWデーター撮り調整します光が一定の反射率
なら問題はないのですがそれでは写真が面白く無い様な気がします
写真を撮られている皆さんはどうなんでしょうか。
写真データーは自分で撮りながら体で覚えるしかないですね
優先オートの場合は露出補正値を記すれば分かりやすいと思いますが

_DSC0212_copy.jpg
この写真は早朝6時すぎのまだ薄暗い時間帯で露出は簡単で
撮て出し無調整で決まります。

上の写真は早朝の静寂に包まれた空気感と荒波に耐えた岩の対比
に、ふと心に感じるものが有り撮ってみました、まだ表現力がたり
ない一枚です。

_DSC0390_copy.jpg
この写真はつまらない写真ですが露出は波の部分と中央の岩のに基準をおき
そのままだと右上の岩が黒ツブレ、白い波が白トビするのでアクティブDライティ
ングかけ調整したものです、でも、右上の岩は質感をうしなっています無理に
調整したくないのでこのままにしておきます。


スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

上手いな-
プロフィール

Mr.K

Author:Mr.K
福岡県 在住
写真
カメラ  ニコン
ジャンル/ネイチャー、風景、その他

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Powered by FC2 Blog